トリッキーコードネット トップへ戻る   C/C++, Java, Perl, PHP, JavaScript, アルゴリズム, ショートコーディング, IOCCCコードの解説, 等々

サイト情報

トリッキーなコード

7行プログラミング

物凄いコード集

アルゴリズム

データ構造

C/C++な話題

コードサンプル

ツール/環境構築

開発ノウハウ 等

ネタ/ジョーク集

おススメ書籍/サイト

サイトTOP >> トリッキーなコード >> ifステートメントでXOR(排他的論理和)を表現

XORをifで表現

XORをifステートメントで表現するやり方です ↓↓
a < 0 != b < 0

C++コード例)

#include <iostream>
using namespace std;

int main()
{
    int a = -1;
    int b = -1;

    cout << (a < 0 != b < 0) << endl;

    return 0;
}
結果は、 a,bが、 両方ともマイナス or 両方とも0 ⇒ 0 が表示 どちらかがマイナスで どちらかが0 ⇒ 1 が表示 されます。 表にするとこんな感じ。
ab結果
マイナスマイナス0
マイナス01
0マイナス1
000
何故マイナスと0で区別するのかというと、C言語で関数実行の戻り値は、 正常終了が0、異常終了がマイナス という、暗黙の了解がある為ではないかと推測します^^;) ・・・あまり使い道が思い浮かばなかったけれど、面白かったのでとりあえずメモ .〆(・ω・` )カキカキ
         このエントリーをはてなブックマークに追加   


作業効率化・ライフハックのオススメ記事




コンピュータ・テクノロジーのオススメ記事





恋愛・人間関係のオススメ記事




※ 当サイトは、トップページからリンクで辿る事の出来るページに限り、リンクフリーです。
※ 当サイトの閲覧/利用によって生じた如何なる損害も、当サイト管理人は責任を負いません。
※ 当サイトの内容を転載される場合は、当サイトへのリンクをお願い致します。