トリッキーコードネット トップへ戻る   C/C++, Java, Perl, PHP, JavaScript, アルゴリズム, ショートコーディング, IOCCCコードの解説, 等々

サイト情報

トリッキーなコード

7行プログラミング

物凄いコード集

アルゴリズム

データ構造

C/C++な話題

コードサンプル

ツール/環境構築

開発ノウハウ 等

ネタ/ジョーク集

おススメ書籍/サイト

サイトTOP >> データ構造 >>  サンプルコード - test.c

test.c

ここでの説明のサンプルソースコードです。


HTML装飾コード

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h> // for exit()
#include <conio.h>  // for getch()
#include "double-linked-list.h"

int getId(char flg)
{
    int nId;

    printf(flg == 's' ? "検索するIDを入力して下さい。->" : "削除するIDを入力して下さい。->");
    scanf("%d", &nId);

    return nId;
}

int main(void)
{
    node * n;

    while (1) {

        system("cls"); // ← Windowsのみ

        puts("--------------------------");
        puts("作業番号を入力して下さい。");
        puts("1:リストの表示");
        puts("2:リストの逆表示");
        puts("3:リストへ追加");
        puts("4:リストの検索");
        puts("5:リストの削除");
        puts("6:リストの全削除");
        puts("7:終了");

        switch (getch() - 48) {
        case 1: displayList();
                break;

        case 2: displayReverseList();
                break;

        case 3: (listSortAdd(makeNode()) == 0) ? puts("追加しました。") : puts("追加されませんでした。");
                break;

        case 4: (n = listSearch(getId('s'))) ? printf("[%d] %s\n", n -> nId, n -> pszName) : puts("入力IDに該当するデータはありません。");
                break;

        case 5: (listDelete(getId('d')) == 0) ? puts("削除しました。") :  puts("入力IDに該当するデータはありません。");
                break;

        case 6: listInit();
                puts("全削除しました。");
                break;

        case 7: listInit();
                exit(0);
                break;

        default: puts("ERROR - もう一度入力して下さい。");
                break;
        }

        getch(); // ← 画面の切り替わり防止
    }

    return 0;
}

プレーンテキスト

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h> // for exit()
#include <conio.h>  // for getch()
#include "double-linked-list.h"

int getId(char flg)
{
    int nId;

    printf(flg == 's' ? "検索するIDを入力して下さい。->" : "削除するIDを入力して下さい。->");
    scanf("%d", &nId);

    return nId;
}

int main(void)
{
    node * n;

    while (1) {

        system("cls"); // ← Windowsのみ

        puts("--------------------------");
        puts("作業番号を入力して下さい。");
        puts("1:リストの表示");
        puts("2:リストの逆表示");
        puts("3:リストへ追加");
        puts("4:リストの検索");
        puts("5:リストの削除");
        puts("6:リストの全削除");
        puts("7:終了");

        switch (getch() - 48) {
        case 1: displayList();
                break;

        case 2: displayReverseList();
                break;

        case 3: (listSortAdd(makeNode()) == 0) ? puts("追加しました。") : puts("追加されませんでした。");
                break;

        case 4: (n = listSearch(getId('s'))) ? printf("[%d] %s\n", n -> nId, n -> pszName) : puts("入力IDに該当するデータはありません。");
                break;

        case 5: (listDelete(getId('d')) == 0) ? puts("削除しました。") :  puts("入力IDに該当するデータはありません。");
                break;

        case 6: listInit();
                puts("全削除しました。");
                break;

        case 7: listInit();
                exit(0);
                break;

        default: puts("ERROR - もう一度入力して下さい。");
                break;
        }

        getch(); // ← 画面の切り替わり防止
    }

    return 0;
}
         このエントリーをはてなブックマークに追加   


作業効率化・ライフハックのオススメ記事




コンピュータ・テクノロジーのオススメ記事





恋愛・人間関係のオススメ記事




※ 当サイトは、トップページからリンクで辿る事の出来るページに限り、リンクフリーです。
※ 当サイトの閲覧/利用によって生じた如何なる損害も、当サイト管理人は責任を負いません。
※ 当サイトの内容を転載される場合は、当サイトへのリンクをお願い致します。